友好葵加盟クラブ

全国友好葵ライオンズクラブ

2021年1月現在

クラブ名 ホームページアドレス メールアドレス
1 京都葵LC kyotoaoi@jeans.ocn.ne.jp
2 静岡葵LC https://ja-jp.facebook.com/shizuoka.aoi.lc/ shizuoka-aoi-lc@diary.ocn.ne.jp
3 和歌山葵LC aoilions@violin.ocn.ne.jp
4 水戸葵LC http://www.mitoaoi.org mitoaoi@io.ocn.ne.jp
5 名古屋葵LC http://nagoya-aoi.org/ nagoya-aoi@anl-meiden.com
6 岡崎葵LC http://www.okazakiaoi-lc.jp okazakiaoi_lc@okazakiaoi-lc.jp
7 会津若松葵LC aizuwakamatsu-aoi-lc@apost.plala.or.jp
8 高松葵LC aed48540@star.odn.ne.jp
9 川崎葵LC kawasakiaoi_lc@cc.wakwak.com
10 福井葵LC http://fukui-aoi.com/ fukuiaoi@skyblue.ocn.ne.jp
11 東京葵LC http://www.tokyo-aoi-lc.com/ tokyoaoilions@soa.co.jp
12 浜松葵LC http://www.facebook.com/hamamatsu.aoi.lc aoilc@aurora.ocn.ne.jp
13 川越葵LC http://www.kawagoe-aoi.com kawagoe-aoi_lc@dream.ocn.ne.jp
14 松江葵LC http://www.336d-matsue.com/aoi/ aoi@336d-matsue.com
15 熊本葵LC

変更等がございましたら、ご連絡下さい。fukuiaoi@skyblue.ocn.ne.jp

全国友好葵ライオンズクラブ内規

club_img_01

第1条(名称)
本会は全国友好葵ライオンズクラブと称する。
第2条(構成)
本会は徳川ゆかりの地域に結成された葵ライオンズクラブによって構成する。
第3条(目的)
本会は相互の友好を深め遠近各地のクラブ情報の交換、研鑽等を行い、よりよき社会奉仕を行うことを目的とする。
第4条(大会)
  1. 本会は友好を深めるため、毎年一回ホストクラブを定めて友好葵大会を開催する。大会には加盟クラブは、なるべく20名以上の参加をするものとする。
  2. 加盟クラブは大会記念としてホストクラブに対し、その地域に対するアクティビティの基金として 10万円宛を拠出し運用を一任する。
  3. 大会会費についてはLC方式により登録料を徴収する。
第5条(会議)
本会大会のホストクラブは、大会開催前加盟1クラブ3~5名よりなる代表者会議を開き、次の事項を審議決定し、必要事項を大会に於て報告する。

  • 新入会クラブの承認
  • 翌々年の大会ホストクラブの決定
  • 内規の改廃
  • その他会議の決定を必要とする事項
第6条(入会)
本会の入会は、本会の主旨をよく諒承し履行を約束して加盟スポンサーより当年度の大会ホストクラブに申し込み、代表者会議於いて承認され、提携書に調印し、大会に報告されて決定する。
第7条(退会)
本会を退会しようとするときは、当該年度のホストクラブに申入れ、代表者会議於いて審議の上、大会に報告されて決定する。
第8条(附則)
本内規以外の事項については、当該年度大会のホストクラブの提案により適宜協議の上、処理するものとする。本内規の改廃は第5条により実施する。本内規は、昭和49年11月23日より実施する。本内規の第4条のアクティビティ基金の件、第22回川崎大会で10万円と改正しました。

全国友好葵ライオンズクラブ 代表者会議 申し合わせ事項

回数 大会名 申し合わせ事項
第1回 静岡大会 友好葵大会ホストクラブの順番は、結成日順とする。
第5回 名古屋大会
  • 会名を「全国友好葵ライオンズクラブ」とする。
  • 合同例会を『全国友好葵○○大会』とする。
第6回 岡崎大会
  • 加盟クラブの新役員名簿の各クラブへの配布をもって、ホストクラブの義務が終了する。
  • 大会終了後、1ケ月以内に、代表者会議議事録をホストクラブより、各クラブに送付する。
第8回 高松大会 10回大会を記念して、友好葵クラブ旗作成。(京都葵LC制作担当)
第9回 川崎大会
  • 徳川ゆかりの地域に結成される葵LCで、本会に入会の意志ある場合のスポンサークラブは、当年度の大会ホストクラブが指名する。
  • 友好葵大会をクラブ運営の相互の研鑽の場として、毎年度1回実行する。
第13回 川越大会
  • 友好葵大会はできる限り単独で開催する。
  • 友好葵大会は、原則としてホストクラブの所在地で開催する。
  • 各クラブの主要年行事への招待は、特別の場合を除き、会長・幹事・友好葵委員長の3名とする。
第14回 京都大会
  • 加盟クラブの記念式典御祝金は、登録料のご招待人数分とする。
  • 加盟クラブに対する災害見舞金は、その年度のホストクラブが責任をもって各クラブに連絡しお世話する。
第15回 静岡大会
  • 加盟クラブは、大会記念としてホストクラブに対し、協賛金5万円を拠出し、運用を一任する。
  • ノンライオン並びに他LCのライオンレディの友好葵大会への参加は、メンバー同伴者として出席することができる。
第16回 水戸大会
  • 合同例会の名称は、『第○○回全国友好葵ライオンズクラブ○○大会』とする。
  • 全国友好葵ライオンズクラブ大会は、特別の場合を除き、毎年度1回、10ケ月前後の間隔で順次ホストクラブを変えて開催するのを原則とする。
第18回 名古屋大会 友好葵クラブは、毎々年度末(6月末)までに、次年度の計画案を参加クラブに配布し、相互理解を深める。
第22回 川崎大会 内規第4条の、アクティビティの基金として、各クラブは、5万円宛をホストクラブに対し拠出する金額を10万円に変更。
第23回 福井大会
  • 全国友好葵LCのシンボルマーク決定。club_img_03
  • 従来の加盟クラブ役員名簿を廃止し、今後毎年、全国友好葵LCの会員名簿を交換する。(毎年8月末)
第24回 松江大会 全国友好葵LCの青少年派遣受入規則(案)参照し、各クラブ間で、規則を定め、青少年の派遣・受入を行う。
第26回 川越大会 全国友好葵LC大会に、各クラブ旗を集める必要なしと決定。
第27回 東京大会 全国友好葵情報交換 クラブ会報の交換をする。
第28回 京都大会 事務局の全国友好葵大会の出席については、各クラブサイドで自由とする。
第29回 静岡大会
  • 全国友好葵LC大会の代表者会議出席者は、3名から5名とする。
  • 葵の紋の使用統一について、各クラブの自主性に任せる。
  • 災害見舞金は、その年度のホストクラブが責任を持って各加盟クラブに連絡をし、お世話する。
第30回 和歌山大会 災害見舞金は、その都度、災害の大きさなど場所により、金額を決定し、ホストクラブに集め、一括にて災害クラブに送る。
第32回 名古屋大会
  • 災害時の情報収集、及び見舞金は、東京葵・水戸葵・和歌山葵・名古屋葵・ホストクラブの5クラブにて、協議決定する。
  • 周年行事の各友好葵LC招待は、10年毎とする。

5年毎の祝いは簡単にする。(電報など) 但し、4半世紀の区切りの年(25年、75年)又は新しく発足したクラブの場合は、各クラブの自主性に任せる。

第34・35回 会津若松・高松 IT化の促進は、継続審議。
第36回 川崎大会
  • 記念事業は、原則としてホストクラブの所在地域へのACTとする。
  • IT化の促進は、もう1年継続審議とする。
第37回 福井大会
  • IT化の促進は、提案成果もあり今回で審議終了とする。
  • 代表者会議にて発足当時から前回までの申し合わせ事項確認の必要性。
第39回 浜松大会 友好葵LCの14クラブで現役役員等に弔事が生じた場合:弔電等にて弔意を表する。尚、各クラブは、その弔事を直近の例会等において会員へ知らせる。
第40回 川越大会 友好葵LCの全ての会員に弔事が生じた場合、当該クラブは、他クラブへ訃報を発し、受信したクラブは、弔電等にて弔意を表わす。
第41回 松江大会 会員増強の取り組み&YE生ホームスティ受入要請について(意見交換)
第42回 京都大会 『友好葵結成の主旨から全て友好葵大会とクラブ周年式典は、原則として合同で開催せず、単独で開催する。』と決議。
第43回 静岡大会 京都葵LCより:内規に定められている協賛金10万円とは別に14クラブが一致して継続できる震災支援ACTを提案
第44回 和歌山大会 第46回大会は名古屋LCと決定。他、周年予定報告。
第45回 水戸大会 友好葵ロゴバッチ作製について、各クラブ持ち帰り検討する。
第46回 名古屋大会 友好葵ロゴバッチ作製報告 追加制作可能との確認。
第47回 岡崎大会 友好葵LC専用「名店ガイド」製作提案 掲載料3万円位を会員に説明し掲載希望店を募る。東京葵LCにて集計し発行の可否を判断
第48回 会津若松大会 熊本葵LC加入決定。熊本地震による復興支援として各クラブ5万円の義援金を送ることに決定
第49回 高松大会 第50回大会は川崎葵LCと決定。
第50回 川崎大会 第51回大会は福井葵LCと決定。他 友好葵バッチは再度の作成、販売は東京葵LCにて受付
第51回 福井大会 第52回大会は東京葵LCと決定。他 台風19号水害被災のお見舞金について 被災地支援指定寄付

全国友好葵ライオンズクラブ

club_img_02

クラブ名 クラブ所在地 電話・ファックス番号
京都葵 LC 〒 600-8412
京都府京都市下京区烏丸通四条下ル からすま京都ホテル内
TEL:075-352-2623
FAX:075-352-2624
静岡葵 LC 〒 420-0034
静岡県静岡市常磐町1-4-11 杉徳ビル 3F
TEL:054-272-8705
FAX:054-272-8727
和歌山葵LC 〒 640-8158
和歌山県和歌山市12番丁9番地 リヴァージュ12番丁ビル303号
TEL:073-432-5144
FAX:073-422-0744
水戸葵 LC 〒 310-0031
茨城県水戸市大工町3-5-4 コウリュウビル 3F
TEL:029-224-5474
FAX:029-226-7195
名古屋葵LC 〒 460-0003
愛知県名古屋市中区錦3丁目8-14 名電ビル4F
TEL:052-962-3789
FAX:052-951-4826
岡崎葵 LC 〒 444-0023
愛知県岡崎市両町3丁目21番地
TEL:0564-64-7280
FAX:0564-64-7281
会津若松葵LC 〒 965-0816
福島県会津若松市南千石町6-5 商工会議所内
TEL:0242-26-2288
FAX:0242-28-6322
高松葵 LC 〒 760-0080
香川県高松市木太町2191-1 高松国際ホテル内
TEL:087-873-2599
FAX:087-873-2605
川崎葵 LC 〒 211-0004
神奈川県川崎市中原区新丸子東2-907 ハイツ武蔵小杉 303
TEL:044-422-8490
FAX:044-422-8499
福井葵 LC 〒 918-8580
福井県福井市西木田2丁目8-1福井商工会議所ビル6F
TEL:0776-33-1862
FAX:0776-33-1863
東京葵 LC 〒 175-0083
東京都板橋区徳丸1-59-11-707 橋口啓一様方
TEL:03-5922-3008
FAX:03-5922-3018
浜松葵 LC 〒 430-0946
静岡県浜松市元城町109-18ホテルコンコルド浜松5F
TEL:090-8674-8335(携帯電話)
FAX:053-456-3779
川越葵 LC 〒 350-1115
埼玉県川越市野田町2-2-18
TEL:0492-46-0500
FAX:0492-41-3066
松江葵 LC 〒 690-0047
島根県松江市嫁島町16-14松江卸センター会館2F
TEL:0852-26-4487
FAX:0852-26-4480
熊本葵 LC 〒 860-0808
熊本県熊本市中央区手取本町5-10-3F株式会社九州リサーチ内
TEL:096-221-4985
FAX:096-354-5500